得意なこと不得意なこと

ツメノアシオト

「好きなことをしよう」

「得意なことから仕事を見つけよう」

最近よく聞くフレーズ。

学生の頃は、不得意なことを克服することがさも重要かのように言われてきたのに、大人になると急に正反対のことを言ってくるからびっくりする。

子供のときからそう一貫して教えてくれたら良いのに。

算数をもう少し頑張ろうね。

英語を伸ばさないとセンター受からんぞ。

一般的な会社人生を歩みたい方はこちら。

国語は苦手だけど美術は得意なんだね。

こんな活動もあるけど、やってみる?

好きなことを追求して、可能性を広げる人生はこちら。

どちらが幸せということはきっとないんだろうけど、

前者の教育を受けた人はきっと、「私のやりたいことってなんだろう?」という問いに必ず直面する気がする。

他責にするつもりは全くないけど、もし幼い頃から「苦手を克服してバランスを取る」ことに重きを置いた指導ではなく、「得意なことを見出し、追求する」指導を受けていたなら。

どうなってたのかなぁ~なんて。

モスバーガーで辛いメニューにするか迷っていたとき、「挑戦されますか?」と聞いてきた店員さんが私は好きだ。

タイトルとURLをコピーしました